花とハイキングでエンジョイ > 奥日光の花 > クリンソウ
 
クリンソウ

中禅寺湖畔の千手ヶ浜へは、赤沼茶屋駐車場からハイブリットバスで約30分。バス停を降りたら湖畔に向かって歩き、湖畔に出たら右折。吊り橋を渡り、マルバタケブキの群生地を過ぎたらクリンソウの群生地である。

ここは、個人宅の敷地内で、周囲には鹿対策のためネットが張られてます。

クリンソウは、サクラソウ科でサクラソウの中では最大です。花は、輪状に花茎に数段にわたって付き、その姿は五重塔の先端部分(九輪)に似ているので、その名が付いたらしい。

色は、白、ピンク、濃紅、白と赤の混じり、中には滅多に見られない黄色(ここの群生地では一本しか確認されていない)など、実に様々である。


黄色のクリンソウ(中央下)
ヤマツツジ
千手の森歩道
ミズナラの大木

>>>奥日光の花

Copyright (C) 花とハイキングでエンジョイ All Right Reserved